ニュース

[2018-08-27]健康と安全についてのお願い

今夏は例年にない猛暑のため熱中症等の健康を損なう症状、暑さのため判断力が鈍った故のバイク事故、更にはバイク乗車中に熱中症が原因となり交通事故に繋がる事例が例年以上に発生しております。トライアスロン愛好家の私たちが今やらなければいけないことは今一度「健康」と「安全」についての意識を高く強く持つことだと思います。自身の体調を把握して気温天候といった環境を考慮した上でトレーニングの時間と強度を決めることで健康を害せず健康に繋がるトレーニングを行うことができます。更にここ数年ロードバイクの普及が急激に進み道路上を多くのロードバイクが走行するようになりました。スイムウェアやランシューズといったスポーツ器具と違いロードバイクは自転車という軽車両でもあり道路交通法の元で交通ルールを守っで走行する義務があります。加えてロードバイクはスピードが出せる自転車です。交通ルールを守ると同様に自在に自転車を操る技術(うまさ)が安全のためには必要です。


健康と安全があってのスポーツです。スポーツを楽しむために健康と安全について今一度考えていきましょう。


以下、日本トライアスロン連合より発表されている記事になります。参考資料もたくさん掲載されておりますのでご一読ください。


2018JTUニュースリリース 夏季の大会開催での暑さ対策(報告とお願い)


http://www.jtu.or.jp/news/2018/180721-1.html 配信日2018年7月22日(日)


2018JTUニュースリリース 公道上でのバイク・トレーニング注意喚起(依頼)


http://www.jtu.or.jp/news/2018/180822-1.html 配信日2018年8月22日(水)